弁護士法人TLEO 虎ノ門法律経済事務所静岡の顧問弁護士・企業法務

Contact

FOR THE CLIENT

虎ノ門ならではのリーガルサービスを静岡から

従業員から残業代の請求をされました。どうしたらいいですか?

HOME企業法務Q&A集「労働問題」のQ&A > 従業員から残業代の請求をされました。どうしたらいいですか?

Q3従業員から残業代の請求をされました。どうしたらいいですか?

A3従業員との紛争リスクが拡大する前に,事実関係の確認を行い,早期対応することが重要です。

対応を放置した場合,従業員が労働基準監督署(労基署)に申告し,労基署から是正勧告を受けたり,労働審判や訴訟に発展したりするおそれや,報道等により明るみに出た場合,企業のイメージダウンにつながるおそれがあります。

1. 残業代請求の根拠

まず重要なのは,従業員が何に基づいて残業代を請求しているのか,根拠を明らかにし,正当な理由によるものなのか,確認をすることです。

2. 論点の整理

根拠を明らかにしたうえで,会社としてどのような基準に基づいて残業代の支払いを行ってきたのか,また,会社が認識している労働時間との間に隔たりがないか,事実関係の確認をします

残業代の不払いがあるとすれば,不払額の支払いを検討する必要がありますが,残業代請求においては,労働時間の認定,みなし残業代/固定残業代の有効性,変形労働時間制,裁量労働制,管理監督者性の判断等,多くの論点があり,論点ごとの十分な主張立証が必要となります。

3. 労働時間管理体制の見直し

残業代請求は,残業代請求をしてきた従業員だけの問題ではありません。

会社の労働時間の管理方法や賃金制度の見直が必要ないか,また,残業代を請求をしていない従業員への対応をどうするか等,会社全体に関わる問題といえます。

従業員から残業代請求をされた場合,まずは労働問題に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。