弁護士法人TLEO 虎ノ門法律経済事務所静岡の顧問弁護士・企業法務

Contact

FOR THE CLIENT

虎ノ門ならではのリーガルサービスを静岡から

法人の債務整理の主な手段には,どのようなものがありますか?

HOME企業法務Q&A集「事業再生・破産」のQ&A > 法人の債務整理の主な手段には,どのようなものがありますか?

Q1法人の債務整理の主な手段には,どのようなものがありますか?

A1法人の債務整理の主な手段には,次のようなものがあります

任意整理裁判所を介さず,債権者との間で,個別に返済に関する合意をして債務を整理する手続
民事再生事業の継続のために,裁判所に申立てを行い,債務の減額や返済条件の変更等を含む経営再建のための計画を認可してもらう手続
破  産   裁判所に申立てを行い,債務超過や支払不能に陥った法人について,裁判所から選任された破産管財人を通して財産を処分し,余った資産を債権者に分配することで,会社を清算し消滅させる手続

それぞれの主な特徴は次のとおりです。

任意整理

  • ・事業価値の棄損を回避できる
  • ・裁判所を介さないため,裁判所に納付する予納金が不要
  • ・手続を比較的柔軟に行うことができる
  • ・債権者全員の同意を得る必要がある
  • ・債権額そのものの減額が難しい

民事再生

  • ・債務の一部免除や弁済猶予(最長10年間)を受けながら,事業を継続することができる
  • ・現経営陣が経営権を維持したまま債務処理を進めることができる
  • ・債権者全員の合意が不要
  • ・民事再生をした事実が公になり,事業価値が一定程度毀損される可能性がある
  • ・裁判所を介する手続となるため,裁判所に納付する予納金が発生する
  • ・担保権の実行がなされ,場合によっては事業を再建できない可能性がある

破産

  • ・法人の債務は,破産手続きの終了と同時に消滅するため,督促や資金繰りの悩みから解放される
  • ・会社そのものが消滅するため,営んできた事業を継続することができない
  • ・裁判所を介する手続となるため,裁判所に納付する予納金が発生する
  • ・財産を失うことになる