弁護士法人TLEO 虎ノ門法律経済事務所静岡の顧問弁護士・企業法務

Contact

FOR THE CLIENT

虎ノ門ならではのリーガルサービスを静岡から

労働基準法は何のためにありますか?労働基準法の基準に達しない契約は有効ですか?

HOME企業法務Q&A集「労働問題」のQ&A > 労働基準法は何のためにありますか?労働基準法の基準に達しない契約は有効ですか?

Q4労働基準法は何のためにありますか?労働基準法の基準に達しない契約は有効ですか?

A4労働基準法(以下「労基法」といいます)は,労働者の権利を守るため,労働条件の最低基準を定める法律です。

労働時間や休暇,賃金等の基準や,これに違反した場合の罰則等,使用者が果たすべき義務が定められており,労働者を一人でも使用する使用者に対し,原則として労基法が適用されます。

労基法は,「この法律で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は,その部分については無効とする。」と定めています(労基法第13条)。

つまり,労基法は強行法規に位置づけられ,労働者と使用者との労働契約の中で,労基法の基準に達しない合意をした場合,基準に達しない部分については無効となり,労基法に定める最低基準に置き換えられることとなります。