弁護士法人TLEO 虎ノ門法律経済事務所静岡の顧問弁護士・企業法務

Contact

FOR THE CLIENT

虎ノ門ならではのリーガルサービスを静岡から

労働問題

HOME > 労働問題

労働問題

労働問題は,企業経営をしていく上で,避けては通れない問題です。

  • ・就業規則や雇用契約書を作成したいが,ポイントが分からない
  • ・従業員を解雇することを考えているが,法的に問題が無いか知りたい
  • ・解雇した従業員から労働審判/労働訴訟を起こされた
  • ・退職した従業員から未払い残業代を請求された
  • ・労働組合から団体交渉を申し入れられた

このようなお悩みはありませんか?

就業規則,残業時間,解雇や退職などの労働問題を重大な問題と捉えずに放置した場合,経営の根幹を揺るがす深刻な問題に発展することがあります。

したがって,労務問題が発生した場合は,スピーディかつ,ケースに応じた適切な対応が求められます。

労働問題を弁護士に依頼するメリット

労働問題を弁護士に依頼した場合,下記のようなメリットがあります。

適切な対応ができる

労働問題には様々なものがありますが,退職や解雇,残業代に関する問題は,特にトラブルになりやすい場面です。

これらの問題については,法律による厳しい規制があるため,専門的な知識を踏まえて,適切に対応をする必要があります。

初期対応を誤った場合,企業側に不利益が働く可能性や,訴訟に発展する可能性が高くなり,事業の運営に支障をきたす恐れも出てきます。

例えば,企業による合理的な理由のない解雇が無効と判断され,解雇期間中の賃金として,高額な支払い命令が出た裁判例もあります。

弁護士に相談した場合,適切な法的アドバイスを受けることができるため,トラブルが訴訟などに発展する前の段階で正しい対応を取ることで,早期解決が望めます

労働トラブルの予防につながる

一度労働トラブルに発展してしまった場合,その解決には時間を要し,使用者(企業側)は多大な労力や精神的負担を強いられることになります。

したがって,労働トラブルは,未然に防ぐために事前に対策を講じておくことが極めて重要です。

日頃から定期的に弁護士のアドバイスをもらうことで,トラブルを回避できるケースが多くあります。

具体的には,弁護士関与のもと,法律の専門知識に基づいて,就業規則,雇用契約書,各種規程などの書類の整備のほか,日々の勤労管理の適切に行うことによって,紛争が発生するリスクを低減させることができます。

労働問題でお悩みの企業の代表者・ご担当者様は,当事務所までご相談ください。